ノーマン・リーダス(Norman Reedus)について

ノーマン・リーダスて、ワイルドで素敵ですね。

ウォーキングデッドのダリル役で大ブレイクしたのも納得の俳優さんですよね。

ノーマン・リーダスはモデルしてた!

prada2

かっこいいと思って調べてみると、俳優になる前の1997年にPRADAのモデルをしていたんですね。

今のワイルドさからは想像できないですけど、端正なリックスからは、モデルしていても納得ですね。

ノーマン・リーダスて、実はもっと才能がすごいんです。

モデルになる前は、画家・写真家で、個展をひらく腕前だったとか、小学生で、プロテニスプレーヤーを目指したとか、正に才能があふれる天才というところですね。

ノーマン俳優へ

このノーマンが俳優になった経緯も普通じゃないんです。

一般的に俳優になるのであれば、オーディションを受けますよね。

ノーマンは違うんです。

当時、米国LAのバイクショップに勤めながら、ハリウッド関係者が集まるパーティーに参加しちゃうんですね。

そこで、酔っ払ったノーマンは一人芝居をして周りの人を笑わせていました。

それがハリウッドのプロデューサーの目に留まったんですね。

それで俳優デビューです。

ノーマン・リーダスにはこだわりがあり、インディース系の映画に出演しました。

本当は、「Floating(1997年)」ドラマにVan役で出演していますが、映画での主演は次の作品です。

実質的な最初の映画が「ミミック(Mimic 1997年) 」で、ジェトレー役で出演しています。

ノーマンが主演した最初の映画は、「 ハード・デイズ(Six Ways to Sunday 1998年)  」です。

そして、1998年の「 処刑人(The Boondock Saints)」のヒットで、一躍有名になります。

ノーマン演じるマーフィーとコナー(ショーン・パトリック・フラナリー)の兄弟が悪いマフィアをやっつけるバイオレンス映画で、上映禁止の週も出たとかいう逸話があります。

でも、面白いので、米国のみならずフランスなどのヨーロッパでの人気を博していました。

ノーマン出演映画を自宅で楽しむには

ノーマン・リーダスが出演する映画を熱く語ると、見てみたいと思う方もいるでしょう。

わざわざTUTAYAに行かなくても、手軽に自宅でノーマンなどの海外映画を楽しめる方法があります。

もちろん、字幕版や吹き替え版も多くの映画で用意されています。

例えばノーマン・リーダスがダリル役で日本でもブレイクした「ウォーキングデッド」のシーズン2 ラストシーンを観たいと思った場合、自宅のTVで鑑賞出来たら便利ですよね。

動画配信サービスを使えば、自宅で観たいときに海外映画やドラマが見られますので、本当に便利です。

サービス会社により観られる作品が違うので、試してみるといいです。

Hulu

Huluは、月額933円(税別)の定額・見放題で、海外のドラマや映画の種類が豊富です。

米国の会社がしているサービスで、日本語吹き替え版や字幕版などを用意しています。

TVのみならずPCやタブレットでもサクサク見られますので、自室でも見られます。

今なら2週間の無料トライアルを開催していますので、試してみるといいですよ。

>>Huluの2週間無料トライアルはこちらから

2016年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTは月額1,990円(税別)で、動画見放題です。

このサービスは更にデジタル雑誌70誌が見放題なんですね。

もともと日本の会社ですので、日本のアニメや映画も見たい方には、U-NEXTがおすすめです。

U-NEXTは31日間の無料トライアルがあります。
>>U-NEXTの無料トライアルはこちらから

試してみて、自分が見たい作品が多い動画配信サービス会社を選んでくださいね。